• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

無駄な出費を抑えて筋トレをする

人間は年齢を重ねるごとに、身体の機能が劣化します。 特に足腰は、劣化しやすいと言われています。 高齢者の中には、自分の足で上手く歩けない人も見られます。 筋トレをして、身体を鍛えると年齢を重ねても自分の元気に歩くことができます。 若い頃から筋トレを重ねましょう。 続きを読む

足腰を鍛える筋トレに取り組もう

踏み台を使って、筋トレができます。
上下運動は、かなりの体力を消耗します。
30分だけでも取り組むと、最初のころはすぐに疲れるでしょう。
無理にいきなり、1時間や2時間取り組む必要はありません。
自分のペースで筋トレをすることで、効率良く鍛えられます。
筋トレに慣れてきたら、運動する時間を少し長くしてください。
ずっと短い時間だけ筋トレするだけでは、レベルアップできません。

またペットボトル飲料を良く飲む人は、飲み終わったペットボトルは捨てないでください、
中に砂や水を入れることで、ダンベルになります。
スポーツ用品店に行くと、いろんな重さのダンベルが販売されています。
ですがペットボトルでも代用できるので、費用を抑えたい人は買わないでください。
自分で、自由に重さを変えられるところがメリットです。
また、腕立て伏せなどに挑戦するのも良いでしょう。
ですが筋力がまだ付いていない段階では、身体を上手く支えることができないと思います。
イスを使うことで、筋力が無い人でも簡単に腕立て伏せができます。

誰でも持っている、タオルでも身体を鍛えられます。
足腰を伸ばす時に使うので、身体が固い人に向いています。
このように、自宅にあるもので筋トレができるので購入する前に、自宅を確認してください。
代用品があるのに、わざわざ筋トレグッズを購入するのはもったいないです。
できるだけ無駄な出費を抑えられるよう、具体的に何が代用品になるのか調べましょう。

おすすめリンク

身の回りにある物を代用する

ペットボトルを活用することで、ダンベルの代わりになります。 無駄な出費を抑えることに繋がるので、代用品があれば使ってください。 また身体に負荷を与えすぎることはしないでください。 まだ筋力が足りなくて腕立て伏せができない場合は、イスを使いましょう。 続きを読む

どこの家庭にもあるタオル

タオルは、生活を送る上で欠かせない物でしょう。 きっと誰の家でもあると思います。 そのタオルを筋トレに使えるので、道具が無くて困っている人は活用しましょう。 筋力をほぐす時に、タオルを使います。 筋肉が固いままでは、上手く発達しません。 先に筋肉をほぐしましょう。 続きを読む